年齢を重ねるとシミができたと感じる人は少なくないでしょう。若いころにはなかったシミが増えたり、いつの間にかイボのようなものができてしまうこともあります。似ている名前の脂漏性角化症と日光角化症の違いをご紹介させていただきます。

脂漏性角化症と日光角化症の違いは?

年齢を重ねるとイボ状のものができることを脂漏性角化症といいます。イボはウイルスで感染するものをいいますが、脂漏性角化症はウイルス性ではありません。イボに似ているので老人性イボとも呼ばれます。紫外線や服や髪の毛などの刺激を長く受けると、肌の角質が変化してイボのように出てくるのです。中高年以降の人に多くでるものですが、20代の若い人でも脂漏性角化症がでる場合があります。
日光角化症は、角質がまるでツノのようなイボができます。脂漏性角化症と似ているのですが、悪性の可能性があり、癌化することもあります。外で仕事をする人、肌が白い人、年配の人が起きやすい症状です。

脂漏性角化症と日光角化症の治療方法は?

脂漏性角化症を治療する場合は市販薬があります。市販薬はイボ治療薬を使用します。サリチル酸という薬剤がイボのところを柔らかくして取りやすくしてくれます。注意点は健康な皮膚につけてしまうと健康な皮膚まで柔らかくなり、ピリピリとした痛みがでます。
日光角化症は悪性の可能性があるので、早めに皮膚科にいくことをおススメします。脂漏性角化症か日光角化症かわからない時も、皮膚科で判断してもらうこともよいでしょう。

脂漏性角化症と日光角化症の予防方法はあるの?

脂漏性角化症も日光角化症も紫外線などのダメージから起きることが考えられます。たくさん紫外線を浴びると癌になる、といわれたことはありませんか?紫外線を防ぐために日焼け止めを塗ることが予防になります。また、しっかりと保湿やスキンケアを日ごろから行うことも予防になりますので、紫外線をうけた場所にクリームなどで保湿をしてあげることは大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?脂漏性角化症は良性の場合が、日光角化症は悪性の場合が考えられます。しかし、素人目からは判断が難しい場合があります。皮膚科に行って良性か悪性かを診察してもらうこともよいでしょう。また、どちらも紫外線などの肌ダメージが原因の可能性があります。予防としてスキンケアも大切ですね。